形状バリエーション 円筒形の一部と直線

美しい曲線を描くガラスの様々な形状に対応します

曲げガラス形状「円筒の一部と直線」の製造可能範囲について、基本パターンをご紹介します。
板種、板厚、R、等により範囲が異なります。その都度、お問い合せ下さい。

名称 深曲げ 片曲げ 角曲げ 両曲げ
  深曲げガラス 片曲げガラス 角曲げガラス 両曲げガラス
特徴 1/2曲げの両端が
直線部
(中心角=180°)
円弧の一端が
直線部
円弧の両端が
直線付
(中心角<180°)
直線部の両端が
円弧(+直線部)
最大寸法(mm)
W×H×D
3048×4500×1100 3048×9000×1100
9000×3048×1100
3048×6000×1100
6000×3048×1100
2438×4500×1100
備考 板種、板厚、R等
制限多い
板種、板厚、
円弧長により制限
板種、板厚、
円弧長により制限
板種、板厚、
円弧長により制限

円筒形の一部 / 円筒形の一部+直線 / 円錐形&直線部 / 直線部 / その他、特殊形状

お問い合わせ・資料請求

曲げガラス・合わせガラスなどガラス加工のご質問・ご相談・お問い合わせ・資料請求は…

  • 03-3241-1078
  • 03-3241-0670
  • パソコンからお問い合わせパソコンから資料請求

曲げガラスの紹介に戻る

新光硝子工業株式会社

本社・工場
0763-33-1779
東京支店
03-3241-1078
大阪営業所
06-6758-4634
お問い合わせ
資料請求

このページの先頭へ